在宅ワーカー活用実績あり の在宅ワーク求人一覧

求人件数799





















在宅ワーカー活用実績ありの在宅ワーク

  • Qライター・編集者

    A

    ライター・編集者の仕事は、パソコン1台とネットワーク環境さえ整っていれば在宅ワークができる職種です。ライターの場合は、納期に向けてひたすら記事の構成、執筆、校正に取り組むことになります。
    情報収集を本よりもネットを活用して行う時代に突入したこともあり、これまで出版社や新聞社でライターとして働いていた人が次々とWebライターに転身する可能性が高いといえます。その一方で、これといった資格が必要ないこともあって、未経験でライターを目指す人も増加しているのも事実です。
    激戦区になりつつあるライター・編集者の仕事ですが、うまく仕事を勝ち取っていくためには「読者にすぐに伝わる文章が書けるか」「SEOの知見があるか」この2つのスキルは必須でしょう。
    雇用形態も正社員、契約社員、業務委託とさまざま。ライター・編集者は、フリーランスとして活躍する人が多い職種でもあります。

  • QWebマーケター

    A

    Webマーケターの仕事は、市場調査の結果から目の前にある商品・サービスの売上を伸ばすための戦略を立案することです。取引先によっては「やりとりするのは対面でなければいけない」と強く要望されることもあるため、その場合は出向いて打ち合わせを実施することもあります。
    基本的には在宅ワーク可能な仕事ですので、Webマーケターとして必要なスキルが身についていれば正社員に限らず、フリーランスなどでも活躍できる可能性は大いにあると考えていいでしょう。ここで言うスキルとは、企画力、コミュニケーションスキル、情報解析力、情報収集力です。

  • Qデザイナー・イラストレーター

    A

    クリエイティブな職種の中でも、特に在宅ワークしやすいのがデザイナー・イラストレーターです。
    アーティスティックなセンスが求められるデザイナー・イラストレーターは、PhotoshopやIllustratorなどを使いこなしながらデザインをするのがメインの仕事ですので在宅ワーカーとして働いても大きな支障はないでしょう。
    ただデザインしていくだけではありません。商品化する上で取引先の要望を取り入れることも時には必要となります。
    取引先との打ち合わせはオンライン会議システムなどを活用して実施することも多いことからこれから、デザイナー・イラストレーターとしてスキルを獲得し在宅ワーカーを目指したい人にもおすすめです。

  • QIT系エンジニア

    A

    IT系エンジンニアは在宅ワーク前提での募集が多いことから、在宅ワークではお馴染みの職種になりつつあります。未経験からでもIT系エンジニアを目指せる環境づくりに力を入れている企業が年々増えてきているのも事実です。
    IT系エンジニアと一口で言っても、インフラとの関係性の深さによって在宅ワークしやすいかどうかが変わってくるため注意が必要です。
    サーバーエンジニアやシステムエンジニアは職場環境上、在宅ワークするにはハードルが高い部分があるのですが、Web系のスキルを活用したプログラマーなどを含むIT系エンジニアであれば多くの場合が問題なく在宅ワークできるでしょう。

  • Q営業・セールス

    A

    営業・セールスの在宅ワークもここ数年で一気に増えてきました。顧客と膝を突き合わせながら契約を取るといった営業スタイルを基本としている企業も未だにあるものの、効率化を重視して内勤営業とされるインサイドセールスに力を入れる企業が増えています。
    顧客とのアポイントはオンライン会議システムを使えば十分と考える企業も以前に比べて増えていることから、現在は営業・セールスもリモートワーク化に拍車がかかっている状況です。
    商品をPRして売上を伸ばすだけでなく、顧客の悩みを聞き解決策を提案して成約率を上げる営業スタイルにシフトチェンジしている時代であることを考えると営業・セールスのリモートワーク化が加速するのも納得できますね。

NEW JOB OFFER

9月21日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!