単発案件 の在宅ワーク求人一覧

求人件数151





















単発案件の在宅ワーク

  • Q単発案件のメリット

    A

    単発案件の最大のメリットは、働きたい人の都合に沿った柔軟な働き方ができる点です。

    一般的なアルバイトの場合、希望シフトは1か月単位で提出することがほとんどです。融通が利く職場であれば1週間単位で申請できる場合もありますが、「やっぱり働けるようになったから明日働こう」という臨機応変な働き方ができるのは単発案件だけだと考えていいでしょう。

    また、「お小遣い稼ぎのために少しだけ働きたい」「次の転職先が見つかるまでのつなぎとして働きたい」といった期間を限定した働き方ができるのも、単発案件ならではの魅力だといえます。

    単発案件では、これまでの職務経験が求められることはほとんどありません。仕事内容としてはデータ入力、ピッキング、棚卸作業といったものが多く、初めてチャレンジする人であっても問題なくこなせるものが多い点も単発案件のメリットだといえるでしょう。

    気になる単発案件における職場の人間関係ですが、短期で働く人が多いことから、ドライである場合が多いようです。そのため、「必要最低限の人間関係で十分」という人には働きやすい環境だといえるでしょう。

    その時の状況によって働くかどうか決めたい、初めから短期で働きたいという人は一度単発案件に応募してみてはいかがでしょうか。

  • Q単発案件のデメリット

    A

    単発案件の仕事内容は決して難しいものではないため、やりがいを感じにくい点が最大のデメリットとなります。「難しい仕事を成し遂げた後の達成感を味わいたい」という人からすると、単発案件は少し物足りないと感じるかもしれません。

    単発案件を続けたからといって、他の仕事に直接的に役立つようなスキルが身に付くかというとそれもなかなか厳しいのが現実です。「アルバイトでの経験を活かして他の仕事にチャレンジしたい」と考える人は、単発案件以外の仕事にはどのようなものがあるか一度探してみるといいでしょう。

    また、単発案件は働きたいと思ったらその都度探さなければいけないため、通常のアルバイトよりも手間がかかってしまいます。働ける日にちに必ずしも空きがあるとも限らないため、人手が充足しやすいエリアの場合は都合良く単発案件に出会うのは困難になります。

    他にも、単発案件で働く予定だった案件が突然キャンセルになるといったことも珍しくありません。「もしかしたらキャンセルされるかもしれない」という不安を抱えながら当日を迎えるストレスがあることも単発案件のデメリットです。

  • Q添削指導員

    A

    添削指導員の仕事内容は、小論文や模擬試験の答案を添削することです。予備校や学習塾などの講師が添削するとなれば、膨大な数をこなさなければいけません。これでは非効率ということで添削指導員を雇い、短期で対応しやすい案件単位の仕事として依頼しているわけです。

    添削方法は依頼側の方針により異なりますが、基本的にはWeb上の指定システムを利用する場合と、送付される答案用紙に直接添削する場合に分かれます。

    答案と模範解答を見比べながら添削を進めると同時に、アドバイスを記載するのがこの仕事の基本的な流れです。業務量を分割しやすいため、単発案件としてしばしば発生する仕事であることは知っておくとよいでしょう。

  • Q動画編集

    A

    動画編集の仕事内容は、すでにある映像を目的に沿って加工し、指定された時間内に収めるというものです。映像をただつなぎ合わせるのではなく、見やすさや伝わりやすさも考えながら編集していかなければいけないという難しさがあります。

    動画編集の仕事は活躍できるフィールドが複数あるため、一度スキルを身に付けてしまえば割とすぐに仕事が見つかる可能性の高い仕事だといえるでしょう。

    最近では、YouTubeにアップロードするための動画の編集担当を募集するケースも増えてきました。この場合、「短期間で数本の動画を編集して欲しい」というパターンでの依頼も珍しくありません。

    動画編集の仕事は業務量が分割しやすいことから、単発案件が発生するケースも多くあります。

NEW JOB OFFER

10月21日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!