在宅ワーカー同士の繋がりあり の在宅ワーク求人一覧

求人件数266





















在宅ワーカー同士の繋がりある在宅ワーク

  • Q在宅ではなく外出して繋がろう

    A

    在宅ワーカーはインターネットを使ってさまざまな作業をしていることから、オンラインで人と繋がることに抵抗は少ないと思います。
    ネット会議でカメラを使って話すことはもちろん、チャットでのやり取りにも慣れていることでしょう。
    SNSでは、さまざまな人と繋がることができます。地球の裏側にいる人とも時差はあるものの、簡単に繋がることができます。
    しかしながら、在宅ワーカーこそ、ほかの在宅ワーカーとリアルに繋がることを勧めたいのです。
    なぜなら、いくら技術が進んでオンライン会議やチャットが容易になっても、オンラインならではの工夫や気遣いが必要だからです。
    たとえば、相手に好印象を与えられるように普段より笑顔を心がけたり、声のトーンをあげたり、はきはきと話したり、丁寧な言葉遣いを心がけたりといったことです。
    仕事ではなくプライベート感覚で在宅ワーカーに話しかけようにも、仕事モードが抜けきれなかったり、最初のうちは警戒されたりといった恐れもあります。
    一方でオフラインの交流会などであれば、そういった工夫は不要であり打ち解けやすくなります。したがって在宅ではなく、外出してオフラインで繋がることをおすすめします。

  • Q業種は関係なし。在宅ワーカー同士なら盛り上がれる

    A

    一般的に言って、業界が異なる人と会っても話が盛り上がることは少ないですが、在宅ワーカーの場合は業種が異なっても盛り上がることが多くなります。
    なぜなら、業種が異なっていても“在宅で仕事をしている”という共通点があるからです。
    しかし、いくら在宅ワーカーが増えているといっても、一般的なサラリーマンと比較するとまだまだ数は限定的であり、仲間に出会えるチャンスは少ないです。
    また、在宅ワーカーは基本的に家にいる時間が長いため、在宅ワーカー同士が知り合う確率はさらに低くなります。
    だからこそ、在宅ワーカー同士が知り合えた時には余計に盛り上がりますし、異業種同士でも在宅ワーカーという共通点で会話が楽しめるのです。

  • Q在宅ワーカーならではのポイント

    A

    世の中にはいろいろな人がいますが、先述したように在宅ワーカーはまだまだ少数派となります。
    一般的に言って、企業に所属して一生を終える人が多いなか、わざわざ在宅ワークという形をとるわけですから、在宅ワーカーは個性的な人や人生に積極的な人が多いともいえます。
    人が苦手で在宅ワークという形を選んだ方もいるかもしれませんが、コミュニケーション能力が高くなければ多くの仕事を受注し成功することは難しいため、コミュニケーションを取ることが上手い人が多いという特徴もあるでしょう。
    在宅ワーカーの場合、仕事を安定的に受注することが何よりも重要ですが、仕事のないときには、在宅ワーカー同士で仕事を紹介しあうことも有用です。
    たとえばシステム開発などの場合、プログラマーは複数人募集することが多いため、プログラマー同士で「こんな募集があったよ」と声をかけたり、プロジェクト進行中に別の仕事の声かけをされた場合は他のワーカーに紹介したりといったようなことです。
    また、企業に所属していない場合は新しい技術に関して自分で情報を得る必要があるため、そういった情報交換でも協力し合えるでしょう。
    このように、在宅ワーカーは横の繋がりを持っておくことが大事なのです。

NEW JOB OFFER

9月21日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!