パソコン支給もしくはレンタルあり の在宅ワーク求人一覧

求人件数101




















パソコン支給もしくはレンタルありの在宅ワーク

  • Q必要なスキル

    A

    (1)自己管理スキル
    長期的に在宅ワークで働きたいと考える場合、自己管理スキルは身に付けておきたいところです。
    以前と比べると在宅ワークに取り組む人の数は大きく増えました。依頼する企業側も在宅ワーカーを選べる時代に突入しています。特に人気があると言われているのは、副業としても始めやすい「データ入力」「ライティング」「電話営業」の3職種です。
    多くのライバルたちの中から自分を選んでもらうためには、納期を守って仕事に取り組むことに徹しましょう。「在宅ワークだから」という甘い考えでルーズな仕事をし、納期を守らないでいると、せっかく巡ってきたチャンスを掴めない可能性もあります。
    自己管理スキルを身に付けるには、ノートなどに1か月あたりのスケジュールを書き出してみたり、スケジュール管理アプリを活用したりすることがおすすめです。それと合わせてタスク管理も行えば、納期を守りながら仕事に取り組めるようになります。

    (2)コミュニケーションスキル
    在宅ワークの連絡手段の多くは、ChatworkやZoomなどのWebツールです。そのため、コミュニケーションスキルの前にまずはそれらのツールを使いこなせるようにならなければいけません。
    その上でクライアントと連絡をこまめに取れるように、受信したメッセージに対してはできるだけ早めに返信することを心がけましょう。即レスが理想ですが、勤務時間に制限がない場合は最低でも2日以内に返すのがマナーです。

    (3)検索スキル 在宅ワークはその名のとおりで、基本的には自宅などオフィス以外を仕事場として働くことが多くなります。そのため、分からないことがあっても丁寧に教えてくれる上司や同僚は周りにいないのが当たり前です。
    その中で仕事を進めるためには、ある程度の検索スキルが必要です。分からないことがあれば能動的に動いて自分で知識を獲得していくようなつもりで働けば、在宅ワークであっても着実にスキルを身につけることができるでしょう。

  • Qデータ入力

    A

    誰もが気軽に始めやすいということで高い人気を得ているデータ入力。スムーズに仕事をこなすためには、ExcelやWordの基本スキルを身につけておくことがおすすめです。それだけで、データ入力に限らず全般的に仕事を効率良くこなせるようになるでしょう。
    データ入力の仕事は録音音源を文字に書き起こしたり、アンケート結果をデータ化したりするなどの業務がメインです。

  • QWebライティング

    A

    Webライティングは「文章を書くことが好き」「調べることが好き」という人には向いている仕事です。最近は自社のオウンドメディアの作成に力を入れている企業も増えてきており、SEOの知見があるのかを応募段階で問われることも増えてきました。
    また、ただSEO対策に関する知識があるだけではこれからの仕事を勝ち取ることは難しいかもしれません。読み手に伝わりやすい文章を書けるかどうか、これがWebライティングでは重視されるようになります。
    在宅ワークでWebライティングを始める場合は、SEOに関する知識はもちろん、分かりやすい文章を書くことを意識してみるといいでしょう。

  • Q在宅秘書

    A

    在宅秘書は、スケジュール管理や事務要員が必要な人に対してサポートする仕事です。雇用主によって使用するツールや求められるサポートスタイルは異なりますので、人に合わせながら仕事ができるかどうかで向き不向きがあるともいえます。
    「いかに雇用主が働きやすい環境を遠隔からサポートできるか」その出来栄えによって、雇用主の満足度というのも変わってくるでしょう。そのため、コミュニケーションスキルは必須です。「人とコミュニケーションを取るのが好き」という人には向いている仕事だといえます。

  • QWebデザイン

    A

    Webデザインの仕事は、クリエイティブ領域の中でも人気があると同時に憧れている人も多い仕事です。
    在宅ワークでの需要も高いことから、デザインを手掛ける上で外せない「PhotoshopやIllustratorなどが使える」「HTMLやCSSなどのスキルがある」という人は割とすぐに仕事が見つかる傾向にあります。
    これからもある程度の需要はあると見込める仕事ですから、講座を受講して一から勉強しWebデザイナーを目指すのもおすすめです。

  • Qプログラミング

    A

    プログラミングの仕事で在宅ワーカーとして働くには、一通りの工程を自分で成し遂げられるスキルが必要です。基本があやふやなままプログラマーとして在宅ワークを始めてしまうと、分からないことが聞ける上司や同僚が近くにいないため仕事が進みません。
    在宅ワーカーとしてプログラマーを目指す場合は、独学で勉強するよりも、まずは未経験でもチャレンジできる企業に就職・転職することをおすすめします。

NEW JOB OFFER

7月25日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!