クリエイティブ の在宅ワーク求人一覧

求人件数355



















































9月26日の新着求人

ママバナー
ママバナー

在宅でのクリエイティブ職・デザイナーの種類とは

一般的に、クリエイティブ、またはデザイナーと呼ばれる仕事にはいくつか種類がありますが、1人でデザインを作り上げる仕事であるため、在宅勤務が可能なところが増えています。

■Webデザイナー
最近人気のデザイナー職です。Webサイトのデザインを行います。
Webサイト制作を希望するクライアントの要望に従い、画面構成や遷移を企画していく仕事です。
また、実際にWebサイトを構築していくコーディングスキルまで求められる場合もあります。
なお、会社概要や決算情報などをおもに掲載することを目的としたコーポレートページから、販売を目的としたECサイトの構築など、目的に応じたWebサイトデザインができるよう専門性を高めることが望まれます。

■バナーデザイナー
WebサイトやWeb広告として掲載するバナーをデザインする専門職です。
Illustrator®やPhotoshop®のスキルが求められることが一般的です。
Webデザイナーと比較し、1つ1つの仕事が短時間で完結することが多いため、小さなお子さまがいてあまり時間を取れない方にもおすすめです。

■グラフィックデザイナー
チラシやポスター、パッケージなどといった紙媒体の印刷物をデザインする仕事です。
クライアントの希望を聞きつつ、それを具現化するお仕事で、おもに広告代理店やデザイン会社から請け負います。
ときには、クライアントの要望をそのまま聞くのではなく、ターゲット層やライバル企業の動向を踏まえ、提案することも求められると言えるでしょう。
なお、DTPデザイナーという職もあります。企業によって呼び方が異なりますが、同じような業務で認識されていることも多いです。

■CGデザイナー
映画や商品デザインなどのために、CGを制作する仕事です。
最近では、ゲームやアニメーションなどエンタテインメント業界においてめざましい発展を遂げているため、CGデザイナーの必要性も増しています。
なお、CGデザインソフトのスキルが必要です。

■服飾デザイナー
洋服や着物などのデザインをする仕事です。
現在、SNSの広がりやインターネット販売の拡大により、服飾デザインから販売に至るまでのサイクルが短期化しています。
いち早く流行を取り入れすぐに商品化、消費者からの反応を受け、またそれを反映させた商品づくりをしなければ勝ち残れないため、より優秀な服飾デザイナーが求められています。
なお、服飾デザイナーになるには、一般的に服飾デザインを学べる学校に行くのが一般的です。

参考:
https://www.craudia.com/crarepo/archives/1384

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!