継続案件 の在宅ワーク求人一覧

求人件数1463




















継続案件の在宅ワーク

  • Q継続して案件を受注するために必要なこと

    A

    在宅ワークをこれから始めようと思っている人、始めてみたものの単発案件のみで終了してしまう人は、継続して案件を受注するために必要なことは何かを考えてみるといいでしょう。継続案件を獲得できないのは、何かしら自分に足りないものがある可能性が高いです。

    継続案件をいくつか獲得できれば、それ以上仕事を探さなくてもよくなるため、その分の時間を他のことに充てられます。案件獲得のためにWebサイトの在宅ワーカー募集ページから応募を繰り返したり、気になる案件がないか探したりするのは意外と時間がかかるものです。在宅ワーカーを募集するサイトは複数存在するため、1つずつチェックしていると膨大な量になってしまいます。

    継続案件を獲得できれば、案件探しに使っていた時間を家事に充てたり趣味に充てたりすることもできるでしょう。クライアントが求める品質を大きく上回るような成果物を納品できるようになったり、条件をクリアしたりすれば単価そのものが高くなる可能性もあります。そうなれば、今以上に暮らしにゆとりが生まれるでしょう。

    逆に単発案件ばかりだと、次の案件を無事に獲得できるか不安になったり、収入面で安定しなかったりと自分自身が辛くなってしまいます。常に募集サイトで求人をチェックする必要のある生活というのは、なかなか気が休まらないですよね。それを1か月、半年、1年と続けても終わりがないためおすすめしません。

    継続案件を獲得するには、まずは仕事への向き合い方を変えてみることをおすすめします。在宅ワーカーとしてある程度経験を積んでいる場合でも、基本に立ち返ってみてください。

    「クライアントから同じ指摘を受けていないか」「クライアントの立場を考えられているか」まずはこの2点を振り返ってみましょう。もし、同じミスをしていたり納期を守れていなかったりした場合は、次回の納品時から気を付けてみてください。

    いつまで経っても指摘した内容が改善されていなかったり、いつも納期に遅れてしまったりしていると、まず継続して発注を受けることは難しいでしょう。クライアントもこの在宅ワーカーには仕事を任せられないと判断し、単発案件で終了してしまうケースは決して珍しくありません。

    クライアントに継続して案件を受注したいと思わせるためには、クライアントからのフィードバックは次の成果物を納品する際に取り入れるように意識したり、実際に自分がクライアントとして案件を発注してみたりすることをおすすめします。そうすることで、これまで気付かなかった部分が見えてくるため、仕事との向き合い方も大きく変わるはずです。

  • QWeb広告運用

    A

    Web広告運用は、在宅ワーカーや副業・兼業として取り組んでいる人が多い仕事です。広告代理店などで働くケースが多く、未経験者でも歓迎としている募集もあります。

    仕事内容は、広告配信の際に入札にかかわる設定から入稿作業まで幅広く担当します。その後の結果を分析した上で、PDCAを意識しながら新たな施策を作り上げていくといった流れが一般的です。

    これらの仕事をこなすためには広告に関する基礎知識に加えて、広告配信の際に使用する媒体の操作方法なども把握しておかなければなりません。

    最近では各企業がWeb広告運用に力を入れているため、こちらの仕事は非常に需要が高くなっています。今後も増加傾向にあると考えられるため、未経験者でこの仕事に興味がある場合は早めに勉強を始めておくことをおすすめします。

  • Qライティング

    A

    ライターは、記事の構成からライティングまで行う仕事です。幅広い知識や豊富な実体験、得意分野があれば、大きな武器になります。

    未経験者であっても、記事を複数作成していく中で自然と文章能力が向上していく可能性は十分にあります。クライアントによって求めるライティングは異なるため、初めのうちは相性を見ながら仕事を受注していくといいでしょう。受注を繰り返す中で相性の良いクライアントにうまく巡り合えると、継続案件をもらえることがあります。

    クライアントが求めるライティングに沿って、不足する知識があればそれに関する勉強を行うのも業務のひとつです。ライターの場合、クライアントが指定した形で納品し修正などにも対応、記事公開となって始めて報酬が発生する場合がほとんどです。

NEW JOB OFFER

7月24日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!