コールセンター の在宅ワーク求人一覧

求人件数150



















































6月19日の新着求人

ママバナー
ママバナー

在宅コールセンターの仕事内容とは?

コールセンターは、お客様からの電話対応を行うという仕事ですが、在宅コールセンターの場合、自宅で電話対応を行います。
電話を受ける場所が会社ではなく自宅になるというだけで、受ける問い合わせ内容やフローはほぼ同じと考えて差し支えありません。

多くの企業ではコールセンターを保有しています。
社員が業務を行いながら電話を受けるといった企業もありますが、顧客の数が多ければ多いほど問い合わせも増えるので、専門部署を設けることで効率を良くするためです。
電話をかけてくる人は、その企業がB to Bであれば『企業の担当者』となりますし、B to Cであれば『個人』となります。
しかし、電話の対応により、顧客満足度が変わるといった点は同じです。
「オペレーターは企業の顔」といった具合に、重要な役割を持っていると言えます。

最近では、従業員の在宅ワークを取り入れるところが増えていますが、コールセンターも例外ではありません。
インターネット環境があれば自宅で受電対応を行うことが容易であるため、コスト削減を目的として在宅コールセンターの導入に踏み切る企業がふえています。
現在は、働く人材の確保も難しいという状況にありますから、今後ますます増加していくと可能性が高い仕事です。

参考:
https://www.cloud-contactcenter.jp/blog/work-at-home-call-center.html

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!