営業 の在宅ワーク求人一覧

求人件数206



















































7月22日の新着求人

ママバナー
ママバナー

在宅ワークにおける営業の仕事とは?

在宅ワークにおいての営業は、おもに2タイプあります。

1つ目は、実際に対象者に商品のアピールや、セールスを行う仕事です。
一般的な営業は、個人法人問わず、お客様の元に出向いてお話しを聞いて頂いたり、店舗にきた方に対して商品の説明をしたりすることにより売買や契約行為を行います。
在宅ワークの場合、実際にお客様の元に訪問し、聞いて頂くことはできないので、主に電話やメールをつかってのセールスに限られます。たいていは、対象者リストに電話をかけたり、メールや問い合わせフォームに決まった文言を入力し送信作業をしたりして行います。

2つ目のタイプは、広告・宣伝活動をする仕事です。
そのなかでも、最近とくに多いのが、SNSを使ったPRです。
自宅にいながら簡単にできることから、SNSを使って商品やサービスを紹介したり、拡散したりする仕事が多く募集されています。
とくにフォロワーが多い方は、より多くの人にPRできるため優遇されることが多いです。
なかには、ホームページにSEO対策をしたり、チラシを制作したり、イベントなどの企画を行う仕事が含まれる場合もあります。その場合、IT系の知識やプロモーション業務の経験などが求められることが多いです。

参考:
https://crowdworks.jp/public/jobs/category/239

在宅ワークにおける営業に向いている人とは

在宅ワークの営業のなかでも、電話を使ってのセールスに向いているのは、「人と話すことが好きな方」です。
逆に、人と話すのが苦手な場合、電話をかけて商品の説明をすることは苦痛になることでしょう。
また、「人にものを勧めるのが好き」という方もむいていると言えます。

そういった方は契約も獲得しやすいので、インセンティブ制度がある仕事の場合、人より多く稼げる可能性があります。
なお、「仕事は仕事だと割り切れる」「人の言動があまり気にならない」という方もむいていると言えます。
なぜなら、電話で営業をかけた場合、「断られる」または「そもそも話を聞いてもらえない」ケースが圧倒的に多いためです。人と話すことが好きだが、人の反応に悩んだり、くよくよしてしまう方には向いていないと言えるでしょう。

メールや問い合わせフォームに対しセールスを行う場合、「パソコン作業に慣れている」「単純作業が苦にならない」方が向いています。逆に、キーボードをうつのが遅い方などは、向いていないと言えるでしょう。
件数ごとの報酬であることが一般的であるため、時間がかかると時給換算で安価になってしまうためです。

最後に、SNSを使った宣伝を行う仕事は、「SNSで発信するのが好き」「人にものをすすめるのが好き」という方にむいています。「スマホで仕事がしたい」「フォロワーが沢山いる」という方にも向いていると言えるでしょう。

参考:
https://crowdworks.jp/public/jobs/category/239

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!