ライティング・翻訳 の在宅ワーク求人一覧

求人件数166





















ライティング・記事作成の仕事内容とは?

ライティング・記事作成の仕事とは、文言や文章を作成するものです。
もっとも多いのは、Webメディアに掲載する記事の作成です。投資方法の解説や人事業務のノウハウ紹介など決められたテーマに沿い、文字数やキーワードなどがあらかじめ指定される場合が多いです。
また、求人情報の文言作成のお仕事もあります。業務内容の紹介から求める人材まで、求人に必要な一連の文章を作成していきます。
ほかにも、web広告やチラシなどに使用する文言の作成やネットショップの商品説明、そして、企業が発行するニュースリリースを作成する仕事があります。
なお、単純な文言作成だけなく翻訳作業が伴う高度なものもある一方で、自分の体験談や感想を書くといった簡単なものもあります。

依頼元は仕事により異なりますが、広告会社や求人情報サイトを運営する企業、ネットショップなどがあります。
なかには、ライティング業務を請け負う記事作成代行会社が募集している場合もあります。その場合、ジャンルを問わずさまざまな仕事を受けることが可能です。

ライティング・記事作成にはどのようなスキルが必要?

ライティング、記事作成は、Wordやスプレッドシートに入力して納品することが一般的なので、難しいPCスキルは不要です。WordPressへの入力が求められる場合がありますが、マニュアルが用意されていることが多いです。
ただし、より多くの人に見てもらうことが重要であるためSEOの知識が求められることも多くあります。
なお、タイピングスキルは必須と言えますし正しい日本語使いができることはもちろん、分かりやすい文章を書く力も必須事項です。

翻訳(英文翻訳)にはどのようなスキルが必要?

翻訳が伴う場合、高い語学力(英語力)が必要です。
英訳の場合、その原文の意味を正確に理解すること、そしてそれを適格で端的な日本語に言い換えることが必要スキルですし、英訳の場合はその逆となります。併せて、文の背景にある海外文化面への理解も必要と言えるでしょう。
簡単な英文であればわざわざ翻訳を依頼する必要がないので、難易度の高い内容を扱うことが多いと言えます。
そういった意味では、TOEICや英語検定において一定のレベルが条件とされることが多いですし、確実に仕事を得るにはスキルを証明できるような「JTA公認翻訳専門職資格試験」などの取得が求められる場合もあります。

なお、求められるのは語学力だけではなく、特定の分野における知識を要求されるケースもあります。
それは、医学・IT系・マーケティングなどといった特定の分野に対する翻訳の仕事が多いためです。専門的な用語や内容が含まれるので、「語学力がある」「留学経験がある」というだけではなく、その分野における専門的な知識がないと実際に仕事をするのは難しいと言えるでしょう。

納品にはWordなど一般的なソフトを使用する場合がほとんどなので、IT系の翻訳以外は高いPCスキルを求められることはありません。
ただし、依頼元とやり取りをするうえでのコミュニケーションスキルやタイピングスキルは必須項目です。

ママバナー
ママバナー

5月20日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!