週3日以内勤務 の在宅ワーク求人一覧

求人件数1005





















週3日以内勤務の在宅ワーク

  • Q週3日以内勤務の在宅ワーク

    A

    1:プライベートを充実させられる
    仕事が週休2日の場合、休日は家事や買い物などやるべきことをこなすのに精一杯で、遊びに行ったり趣味を充実させたりという余裕までは無い方も多いようです。週休3日であれば、休みのうち1日くらいは運動や趣味など自分自身のための時間として使えるチャンスが増えます。

    2:家族との時間が増える
    週休3日あれば、家族との時間を増やすことができます。
    配偶者の方と休みの曜日が異なり、すれ違いの生活になってしまっている方も、休みが多ければ相手の休日に合わせられるチャンスも増え、一緒に過ごせるようになるでしょう。

    3:通勤時間や負担が減らせる
    仕事に行く日は、働く時間とは別に、通勤時間というものが発生しています。
    1時間かけて通勤している場合、往復で2時間、週5日だと10時間も無駄な時間を使っていることになります。
    働くためには仕方ないとはいえ、公共交通機関を使うことによりストレスを感じている人も多いはずです。
    週休3日であれば少しでもその負担を減らすことができます。

    4:仕事の質が向上する
    働く時間が長いと集中力を欠いたり、かえって生産性が落ちたりする恐れがあります。
    週休3日の場合、短い時間で仕事を終わらせなければならないため、より仕事に集中できた、自分なりに工夫して仕事をするようになったという意見もあります。

  • Q週3日以内で働くデメリット

    A

    1:収入が減る
    基本的に、働く時間が減ればそれだけ収入も減ることになります。
    派遣社員やパートの場合、勤務した時間に対して給与が支払われますし、社員でも週休3日の人と週休2日の人の給与を同じにするわけにはいかないため、週休3日はその分給与を少なく設定しているところがほとんどです。

    2:残業が生まれる
    週休2日から週休3日に変わったとしても、仕事量や仕事のやり方を変えない場合、勤務時間内に終わらず残業時間に持ち越しになる恐れがあります。
    意識改革をし、しっかりと生産性をあげていけたらよいのですが、状況が悪化して残業の増加に繋がったり、場合によっては有給の消化ができなかったり、さらに、休日出勤をすることになる恐れもあります。

    3:コミュニケーションが取りにくくなる
    週休3日にすることで、同じ会社のメンバーと意思疎通が図りにくくなるというデメリットもあります。自分だけが週休3日の場合は特に、自分がいないときには打ち合せをしないなどといった制約を設けざるをえず、周囲に迷惑をかけることもあります。
    また、取引先とも意思疎通が難しくなります。とくに、3日連続で休みをとっている場合、相手が急ぎの用があったときには迷惑をかけてしまうこととなります。

  • Q週休3日以内で働ける在宅ワークの仕事例

    A

    ○プログラマー
    週休3日でも働きやすい職業にプログラマーがあります。
    プログラマーとは、システムエンジニアが作成した設計書をもとに、システムやアプリ、ゲームなどを動かすプログラムを組む仕事です。
    これらのプログラムは、クライアントの依頼にしたがって開発を行うことがほとんどです。
    クライアントとの打ち合わせで、どのようなシステムが必要なのかをシステムエンジニアが決め提案します。その際に納期をあらかじめ決めることがほとんどです。
    そして実際にシステムをつくる工程を何人か、または何十人かのプログラマーに割り振るのですが、その際に、最終的な納期に間に合うよう、プログラマーにも締め切り日を設定します。
    つまり、プログラマーは、その期日までに自分の担当分が終わればいいため、週5日働く必要はありません。1日10時間、週4日間だけ働くといったことも可能ですし、経験を積んでスキルアップすれば1日7時間、週4日だけ働くといったことも可能なのです。

    ○グラフィックデザイナー
    グラフィックデザイナーとは、チラシやポスター、商品のパッケージなど、紙の印刷物に対するデザインを行う仕事です。
    インハウスデザイナーでない限り、クライアントに対してデザインをするため、どのような方向性で進めるのかを企業担当者や広告代理店などの担当者と打ち合わせます。パーツ製作に関してイラストレーターなどに指示したりする以外は、1人でパソコンに向かって作業をすることになります。そのため、在宅ワークでの募集が沢山見つかります。
    勤務時間が決まっている社員でない限り、最終的には納期に間に合いさえすれば、何時間でその仕事を終わらせても構わないという特徴があります。経験を積んだりスキルを上げたりすることにより、クラインアントが納得してくれるようなデザインを巧く、手早く描けるようになれば、業務時間をぎゅっと短くすることは可能でしょう。そもそも業務委託で仕事を受ける場合、受ける仕事量は調整可能なので、週休3日でも週休4日でも自分の都合に合わせるといったことができるのです。

NEW JOB OFFER

9月21日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!