ブランクOK の在宅ワーク求人一覧

求人件数1246





















ブランクOKの在宅ワーク

  • Q仕事復帰のメリット

    A

    ・家計が楽になる
    仕事復帰の一番大きなメリットは家計が楽になることです。
    家に入ってくる全体収入が増えますから、当然生活が楽になります。
    今までは我慢していた物が買えたり、豪華な外食をしたり、旅行に行ったりと生活も充実することになります。

    ・社会と繋がることができる
    働くことで、これまで関わることのなかった人たちと繋がることができます。
    専業主婦でも、お子さまの幼稚園や学校関係で知り合ったママたちと話をしたりお出かけしたりする機会はありますが、仕事での繋がりはそういった限られた世界の中のやり取りとは全く違った感覚を得ることができます。

    ・視野が広がる
    仕事をしていると、社会情勢や経済状況などに触れる機会が格段に上がります。
    子どもやママ友など、気のあった仲間との会話だけではどうしても社会全体に興味が向くことが少なくなりますが、会社は政治や経済の動きが大きく影響するため、自ずと現在の日本情勢や世界動向に触れることとなります。結果、視野も広がってくるといえるでしょう。

    ・刺激になり充実感を得られる
    外で働いて家族や友人以外の人たちと接することで、さまざまな刺激を受けることができます。
    ちょっとした気遣いにお礼を言われたり、上司に褒めたれたりなど、家庭内に閉じこもっていては味わえないことばかりです。
    結果としてモチベーションもあがり、充実感を得られることとなるでしょう。

  • Q仕事復帰のために準備すること

    A

    ・自分の経歴や得意なことをまとめる
    仕事復帰をするには、企業との面談やテストに合格しなければなりません。
    パートや社員として働くにしろ、業務委託で在宅ワークをするにしろ、まずは企業担当者に「うちで働いてもらおう!」と思ってもらわないと始まらないのです。
    そこで必要となるのが自己PRです。経歴はもちろん、自分にはどんなことができるのか、過去にどんな実績を残してきたのかをまとめる必要があります。

    ・働くための環境作りをする
    結婚や出産をきっかけに仕事を辞めてしまったという方は多いと思います。
    だとすると、以前働いていたときと環境が全く変わっているはずです。
    夫がいる、子どもがいるという状況の中、これまで専業主婦として家事や子育てに追われてきたわけですから、仕事を始めるにあたって家事やお子さまの世話をどうするのか、対策を練る必要があります。
    一般的に、家事・子どもの世話を夫婦で分担したり、子どもの預け先を確保したり、祖父祖母に協力をお願いしたりといったことが挙げられます。

    ・仕事や希望条件を絞る
    働くといっても、いろいろな仕事があります。
    いつ、どれくらいの量の仕事をしたいのか、1ヶ月当たりどれくらいの収入が欲しいのかなど、希望をまとめておくことが重要です。
    そうでないと、高単価であるという金額面だけに引かれて働き始めた結果、家事がおろそかになるなどして家族に迷惑をかけ、辞めざるを得ないという事態に陥りかねません。将来どうしていきたいのかというキャリアパスも含めて、希望条件をまとめたうえで仕事探しをしましょう。

  • Q在宅ワークはブランク明けに仕事の経験を積むのに最適

    A

    仕事復帰にあたっては、在宅ワークから始めるという選択肢もあります。
    在宅ワークは文字どおり家で仕事をするため、いきなり外に出て働くよりハードルは低くなります。
    さらに、在宅ワークの場合は難易度低めの仕事もたくさんあり、ブランクがある方でも気軽に応募できそうな求人を見つけることができます。
    また、仕事量を調整できる、好きな時間に働けるといったものも多く、家事や子育てへの影響を最小限に止めることができるというメリットもあります。
    将来的にはフルタイムワーカーとして働くにしても、在宅ワークの経験は十分な布石になるといえるでしょう。

NEW JOB OFFER

10月25日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!