在宅ワークの求人一覧

求人件数0

検索条件に一致しませんでした。

動画編集・作成ってどんな仕事?

動画編集・作成の仕事とは、映像の編集をして公開できるような状態にすることや、新規で動画の制作をするといったものです。

最も多いのは、YouTubeで流す動画です。
また、TikTokやホームページ上で流す説明動画なども増えています。
まれに研修動画などもありますが、ほとんどが一般ユーザー向けに公開している動画やCMに対する編集や作成が圧倒的に多いです。

1本あたりの動画の長さは企業によってまちまちです。
1時間尺の映像を最終的に15分間尺のYouTube動画に編集するといったものから、企業が準備するイラストや映像素材、音声などを使い2分間のCM動画を作成するといったものまであります。
その場合は、絵コンテやシナリオ構成案などが提供される場合がほとんどなので、一から自分で考えるといったものではありません。

なお、内容は企業や商品の宣伝、つまりCMが多いですが、なかには操作に関する説明動画や研修に使用するビデオといったジャンルもあります。

動画作成の仕事に必要なスキルとは?

動画作成の仕事を受けるのに必要なものには、「動画編集のスキル」が挙げられます。
企業から求められた内容に編集、納品することにより報酬が発生するので、そのレベルに達していないと判断された場合は契約をしてもらえないことがあります。
具体的には動画をカットし不要な場面を省くのはもちろん、テロップやBGMの挿入、トランジションの作成などが挙げられます。

条件には単に「動画編集経験」と書かれているものが多いですが、実際どのようなレベルの作品を作れるのか分かるよう実績(過去作品)の提出が必要なケースもあります。
または、実績の代わりにテスト動画の制作を求められるケースもあるようです。

なかには、編集はしたことはあるけど仕事の経験はなく、本当に自分にできるのか不安な方もいるでしょう。
募集によっては、求める動画のイメージとして具体的な例を紹介しているので、どういったものが求められているのか確認することをおすすめします。

次に必要とされるのは、「Premiere Pro」や「After Effects」といった具体的なソフトの使用経験です。
ほとんどの場合、編集ソフトは問われませんが、なかには使用ソフトが限定されているものもあります。

もう一つ必要とされるのは、編集スピードです。
1週間あたり〇本などと最低本数が決められていたり、納期が2日間などと短時間での納品を要求されたりするケースもあります。
一般的に報酬は1本あたりの費用であり時給ではありませんが、あまりに遅いと件数や納期が守れないため、スピードもある程度必要とされるのです。

なお、TikTokの動画制作の仕事では、本格的な動画編集のスキルは必要とされないものの、TikTokアカウントを持っていること、フォロワーがいること、自分でアップ作業を行うことを条件付けされているケースもあります。

ママバナー
ママバナー

5月20日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!